View Cart

店主: ゆっこちゃん
「富士山の見える所に美人はいない!」と言われています。 ところが最近では、その富士山の裾野から美人がぞくぞく誕生しています。その訳は・・・

メールマガジンの登録・解除

食事の栄養革命 

えごまの種子から圧搾法で絞った一番絞りの植物油です。(製造は愛知県の太田油脂株式会社です)

キレやすい子供・キレやすい人は、油と砂糖まみれの食生活に問題があります!

しょうせいどうは、次の二つの栄養革命を提唱いたします。

■油脂(あぶら)の栄養革命

<リノール酸を減らしα―リノレン酸を増やそう!>

私達の身体は60兆の細胞で出来ています。その一つ一つの細胞を包んでいる細胞膜を作ったり、ホルモンを作っている材料が必須脂肪酸です。

脂肪酸は、体のほとんど全ての機能に関係していて、体にとっては不可欠なものです。

また、それらの脂肪酸は体内でで合成されないため、食事から摂取しなくてはなりません。ところがその油脂が問題になっています。

油脂は、皆同じではありません!体内での代謝に基づいて分類すると

)囲損號短澄米以性脂肪や高オレイン酸)・一価不飽和脂肪酸群 バターやオレイン酸類のカノーラ油、オリーブ油、

∋號短牲魯螢痢璽觧牲押弗悄Εメガ6系)・・・種子油 サフラワー油(ベニバナ油)、ヒマワリ油、大豆油、コーン油などに多く含まれる

α―リノレン酸(ω3系)・・・紫蘇油、亜麻仁油、魚油、野菜類、魚介類 ※α―リノレン酸群はリノール酸群の作用を競合的に抑え、リノール酸取りすぎの害を抑えます。

◆◇◆あなたが食べているのは、リノール酸ではありませんか?◆◇◆

植物油(大豆、ひまわり、コーン)、マーガリン、マヨネーズに含まれるリノール酸がいいとされる“リノール酸神話”

リノール酸がいいとされたのは、血中コレステロールを下げる効果があるからとされたからです。 コレステロールの低下により 、減らす思われていた心臓病が、逆に増えていたのです。     

最近の健康ブームで、リノール酸を減らしオレイン酸(カノーラ油、オリーブ油、バターなどの動物性脂肪)を増やしている傾向ではありますが、ガン、心筋梗塞や脳梗塞などの主因の動脈硬化、そして、花粉症などの現代病を抑制するには、α-リノレン酸(魚油、エゴマ油、シソ油など)を多く摂取することが重要です。魚介類の生食はチアミン(ビタミンB1)を分解します。雑穀の摂取がビタミン不足を補います。

※ω6系は代謝されてアラキドン酸になり、さらに代謝されてプロスタグランジンE2、トロンボキサンA2、ロイコトリエンB4、C4などの生理活性物質を生成し、成長、生殖生理(出産など)を正常に保つうえで必須ですが、その亢進が多くの病気を増やしています。(増えている癌、動脈硬化性疾患、血栓形成、アレルギー過敏症、他の炎症性疾患、行動変化・うつ病など)

※ω3系は、ω6系に拮抗的に作用しますが、その作用はω6系に比して弱いのです。

EPA⇔DHA(ドコサヘキサエン酸)の代謝もあり、DHAは脳・網膜機能を保つ上で必須です。   ■元のページに戻る↑